予防歯科

 

むし歯予防の基本


6931.jpg人間の歯や骨は、体の中で最も硬い組織で、少量のタンパク質と多くのカルシウムやリンなどのミネラル成分でできています。これらの成分は、強い歯をつくるために欠かせない基本栄養素です。  ミネラル成分を豊富に含んだ食べ物には、小魚類、レバー、海藻類、牛乳、大豆、野菜、果物などがあります。意識してこうした食べ物をとるように心がけましょう。

 

 

むし歯予防のポイント(プラークコントロール)


6932.jpg●むし歯を減らすには、ブラッシングが最も一般的な方法です。それらによって、むし歯の原因となるプラークを取り除きます。

●食前・食後はできるだけ、寝る前は必ずブラッシングを行いましょう。

●これを毎日の習慣にすることで、むし歯の予防にかなりの効果があります。食前の歯みがきの利点は、古いプラークがあると飲食の直後からより酸性に傾いた脱灰が始まり、むし歯の危険性が増大するので、食前にそのプラークを取り除くことが望ましいからです。ブラッシングの方法や歯ブラシの選び方については、歯科医師に相談し、専門的な指導を受けましょう。

 

 

 むし歯予防のポイント(フッ素)


■フッ素とはどんなもの?
フッ素は、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の一つです。化合力が非 常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろな動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれています。
私達は毎日食べ物や飲み物からフッ素を身体に取り入れています。

●●フッ素は人間の身体、特に歯や骨を丈夫にする有益元素です。●●
※フッ素を歯科治療にも利用でき、これを歯科医院で塗布することにより、むし歯に侵されない強い歯を維持することが可能となっております。
詳しくは当院までご連絡下さい。

6933.jpg

 

 

6931.jpg